2010年カレンダー 感性を育てる筆グラフィー 
〜日本の歌シリーズ〜
日本の歌には、先人が五感をとぎすませて自然をよく観察したからこその
美しい詩が沢山見られます。
満開の桜を霞の雲、紅葉の山を裾模様にたとえ、小川の流れや虫の声
そして雪の降り方までを文字にしたその表現力には驚かされます。
自然が失われつつある今日この頃ですが、
筆グラフィーを楽しみながら美しい自然を思い出して頂ければ嬉しいです。
1月 富士山
2月 雪
3月 おぼろ月夜
4月 さくら
5月 春の小川
6月 浜辺の歌
7月 七夕さま
8月 赤とんぼ
9月 虫の声
10月 もみじ
11月 ふるさと
12月 たき火
各月の歌の大意が、右の写真のように英語で解説されています。

4月 さくら(Cherry Blossoms)

Sakura, Sakura All over the sky in March
Cherry blossoms are like misty clouds.
We can feel their scent.
Shall we? Shall wego see them?
桜 桜 弥生の空は 見渡すかぎり 
霞か雲か においぞいずる 
いざや いざや 見に行かん