西邑桃代(にしむらももよ)

1972年女子美術大学デザイン科卒業
(内1年メキシコ留学)の後、
本州製紙パッケージデザイン室入社(CIデザイン)。
豪国企業でホテル関係のエディトリアルデザイン
(内4ヶ月スペイン在住)。
1985年(株)FACOL(Fashion ColorLaboratory)
を設立。色彩研究、企業のコンサルタント業務、
国際交流基金の日本語教材制作、
100册以上の日本文化紹介の英文本の企画・デザイン
などの国際交流関係の業務。

2001年、NPO法人Group June 5th(GJ5)設立。
学校の総合学習、
環境総合WebサイトBALAN TVの運営、
街づくり「らくがき消しペイント」、
途上国自立支援事業(於:インドネシア)、
江戸事業(江戸研究会)、
異文化交流、
化学物質のリスクコミュニケーションの事業。
第4期東京都環境保全推進委員。

2005〜2010年の6年間、半蔵門に
日本の風を設け、
日本文化に焦点を当てた展示会、教室、研究会、倶楽部、
海外からの日本文化体験の場として展開。
同時に江戸や日本文化の講師や出筆。
(日本語4册、日英並記4册/ホームページの出版を参照)

2009年 筆でアルファベットを描く文字アート
筆グラフィーの新しい日本文化を作る。
2011年英国、2012年米国、2013年豪国、ニュージーランドへ
3年計画で、筆グラフィーを海外に紹介。

同時に電子図書の分野に出版開始。
iPhone のアプリ7册(日英並記)、Amazon Kindle 10册(英文)
を通して国内外へ日本文化を紹介し、現在に至る。