千代田区の半蔵門で 2005〜2010年のまる6年間
日本文化に関する 様々な展示会や教室、番町まち歩き、
三味線倶楽部、番傘倶楽部、英語研究会、研究会「日本道」、
海外からの観光客の日本文化体験など
衣食住すべて環境にやさしい日本文化に焦点を 当てた活動を通して
700名余の日本人、海外の人達の集う場となりました
デザイン工房 日本の風
外国人の日本文化体験、その講師となる人材教育、日本文化に関する
教室、展示会、日本研究などの場の提供、
主旨の合う作家の作品を委託販売、商品開発もしています。

伝統文化を尊重しながらも新しい時代にあった日本文化紹介の洋書、江戸刻(時計)、江戸カード、
季節のカード、のし袋、ポチ袋、冠婚葬祭用カード、包装紙、ブックカバー、
デジタル小物、アクセサリー、和風小物などを試作し、
実験販売しています。
■生花プレゼンテーション
遠州の生花をボランティアで
生けてくださる外山さん
そんな場があります。
■「和」の作家紹介
昼間はOL、週末は
「鉄のお道具」作家の仲川月子さん
■日本文化紹介の本
国際化が進んだ今、海外の人達に
日本のことを話す機会も増えています。
外国人の方がよほど日本のことを
知っているということがあります。
自分の国のことを説明している
本にも目を通しましょう。
■着物のリフォーム制作会
着る機会の少なくなった着物、箪笥のこやしじゃもったいない!
着物は日本の素晴らしい文化。普段に着られる洋服に仕立て直し、
再デビューさせましょう!
■和物の制作会
一月1回集まって、
着物の端切れを使った
ミニ絵を作っています。
■商品開発
今は忙しい。
忙しいとは心を亡くすこと。
江戸人たちは
「大体」という時間感覚でした。

江戸の時間と今の時間を
比較してみましょう。
■季節感を取り戻そう
都会では分らなくなった季節感
それが残っているのが和菓子
この和菓子の名前にちなんだ歌を探します。
探す歌は、古今集と新古今集です。
ついでに絵も描いてみましょう。
集うには、お茶も飲みたいですね
毎週2種類の季節の和菓子も楽しみましょう。